2018年度 一般社団法人 橿原青年会議所 理事長所信

2018理事長

ようこそ一般社団法人橿原青年会議所のホームページへ!
私たち橿原JCは明るい豊かな社会の創造を目的に、20歳から40歳までのメンバーが日々「まちづくり」や「ひとづくり」に取り組んでおります。
ホームページでは、そんな私たちの取り組みを皆様に少しでも知っていただき、是非ご興味あるところにご参加いただけますこと楽しみにお待ちしております。


理事長所信


― 基本理念 ―

       覚悟
~ 今日の積み重ねが、未来をつくる ~



理事長 吉川 智也



はじめに
 2009年1月私は一般社団法人橿原青年会議所〔以下橿原JC〕に入会させていただきました。2018年度を迎える今、橿原JCには心を許せる、心から信用できる仲間が沢山います。これまで高い志を持ち、熱い想いや大きな夢を積み重ねてこられた諸先輩方の背中を追って、多くを学ばせていただきました。そしてメンバーとは、互いに覚悟をもって切磋琢磨することで、人間としてJAYCEEとして成長させていただきました。 微力ではありますが私は、入会年度から仲間と共に変わり続ける時代や社会に即した運動を展開してきました。そして橿原JCが46年目を迎える今日からも、青年としての英知と勇気と情熱をもったメンバーが一丸となって力を合わせ運動を日々積み重ねることで、明るい豊かな社会を築き上げることができると確信しています。

仲間とともに
 「地域から必要とされる組織になりたい」「地域から必要とされる事業がしたい」と私たちが必死に叫んでも、それが人々の耳に届かないような小さな声であれば、一体だれが振り返るでしょうか。想いを共感し一致団結した多くの仲間がいなければ、地域の未来につながる組織や事業を実現できません。 2018年には11名、2019年には10名のメンバーが卒業していく現状は、組織の未来に警鐘を鳴らすものであります。このまま会員の減少が続いてしまうのであれば私たちの声は徐々に地域には届かなくなり、橿原JCは消滅し忘れ去られる可能性も考えられます。今こそ私たち一人ひとりが1年後、3年後、5年後のJCの未来を明確に描き、今日の積み重ねが未来をつくることを信じ、会員拡大運動の重要性を心に強く刻むときではないでしょうか。会員拡大運動は、45年という偉大な実績を積み重ねてきた橿原JCの魅力を真剣に考えるメンバーが発信することにより、次世代を担う可能性を秘めた人々の心を動かしJCに賛同する人々を増やすことが目的です。まずリーダーがしっかり舵を取りながら綿密な行動計画を作成し、豊富な情報を共有し、行動力と発信力をもって橿原JCの魅力を正しく伝えることが必要です。橿原JCの未来に危機感をもったメンバーがリーダーのもと一致団結して、熱い想いで今日から私たち自身がやらなければならないという覚悟をもって、多くの人々にJC運動の魅力を伝えることができれば、必ず会員拡大運動は成功できると確信しています。

地域とともに
 多くの人々が出会い様々につながり、未来へと広がっていく地域のまつりに参画していることは、私たちが地域から必要とされる事業を行っていることの証明であり、最も大切な担いのひとつだと考えます。 このまつりの積み重ねてきた歴史や存在する意義を十分に理解し、大切に受け継がれてきた地域の魅力であるまつりを私たち自身が守っていくためにも、一人ひとりが積極的に参画しなければなりません。また、まつりの円滑な運営のために市民や行政、各種団体とのパイプ役としての役割を果たす必要があります。しかし何よりも大切なことは、これからの地域を活性化させるためにまつりで何ができるのかを考え、地域の未来をつくるのは私たちだという覚悟をもって失敗を恐れず、行動し時代に即した新しいまつりの未来を描くことだと確信しています。

次世代とともに
 健康にこの世に生まれたことを心の底から有難いと感謝する人がいます。非情ないじめや猟奇的な犯罪に何も感じることなく関わる人もいます。同じように生まれてきた私たちが、どうしてこのように違う人として成長してしまうのでしょうか。環境が変われば考えが変わると言われるように、社会的に脆弱な立場である子供たちは心身が成長する段階におかれた環境によって、その未来が素晴らしいものになることも、そうでないこともあります。 子供たちにとって精神的にも肉体的にも健やかに成長するためには、私たち大人が手を差し延べ、子供たちが勇気をもって様々なことにチャレンジできる環境づくりが必要と考えます。また、日本古来の伝統や文化、あるいは道徳心といった精神性を育むことも大切であると考えます。私たちが行う青少年を育成するこれまでの事業の積み重ねが、次世代を担う子供たちにとって心身共に健やかに成長するために必要なものであり、私たちの事業を通して潜在的な能力や秘めている大きな可能性に気づいた子供たちこそが、明るい豊かな社会を築く新しい力になると確信しています。

社会とともに
 私たちは、企業や団体の中では個々に必要とされる青年経済人であり、それぞれ向かうべき方向を決定するリーダーとしての役割を担う人材でもあります。そして、各々の経済活動を通じて企業や団体を正しい方向に導き、発展させ人類や社会に貢献する存在になるために努力しなければならない社会的な責任があります。 大きく時代が変わり始め、数年後の未来でさえも明確に見通すことができない現状に対して、私たちは社会の変化に鋭く反応し、限られた時間の中でリーダーとして柔軟に対応することも求められています。JC運動を通じて様々な分野のリーダーと触れ合うことで、未来という新しい時代を切り開くための知識や、自ら率先して行動しなければならないという覚悟が身につき、青年経済人としての資質を高めることができると確信しています。

おわりに
 私にとって橿原JCは大切です。 今までの人生で経験したことのないような大きな壁が私の前に現れた時、迫りくる壁に押しつぶされそうになった私を頑張ろうと励まし、力強く支えてくれたのはいつも仲間でした。そして今日の橿原JCにも他人を思いやる優しい心があり、悲しいときには共に涙し、嬉しいときには大いに笑いあえる仲間がいます。 2018年もこの気のおけないメンバーで、背伸びをしたり気取ったりすることなく等身大で、けれどもやると覚悟を決めた時には本気でJC運動をやりましょう。 辛いことも、苦しいこともあるかもしれませんが、終わってみればすべては良い想い出と財産になります。どんなに続けたくてもJC運動には40歳という期限があるので、悔いを残さないように精一杯頑張りましょう。そしてメンバー一人ひとりの力を積み重ねて一丸となった橿原JCの生み出す力は、私たちの想像する力を必ずや超えていくでしょう。 さあ、覚悟ができたなら、共に今日から積み重ねていきましょう。


― 基本計画 ―
覚悟
~ 今日の積み重ねが、未来をつくる ~

1. 諸先輩方に感謝し、積み重ねる JC 運動
2. 未来に繋がる確かな拡大運動
3. 圧倒的で効果的な広報活動
4. 求められるまちづくりへの参画
5. 健やかな心を育む青少年の育成
6. 青年経済人としての資質向上